ADN-405 お父さんがちょっとだけ入れてくれて…。

  •  1
  •  2
コメント  読み込み中 


義母が亡くなってから、美香の義父はうつ病になってしまった。父親のことが心配だったので、夫が父親を家に連れて帰り、夫婦で暮らすことになった。それでも父は良くならず、部屋で何も食べず、何も飲まずにただ座っているだけでした。今日、ミカの夫は出張に出かけ、父親の世話をするためにミカは一人で家に残されました。久しぶりのセックスで性欲が高まり、オナニーで抑えるしかなかった。偶然通りかかった義父がそれを発見した。彼はとても孤独だったので、自分をコントロールできませんでした。 「10秒だけ、入れてもいいですか?」美香の同意を待つことなく、義父はすぐさま嫁の奥までチンポを挿入した。ちょうど10秒後、彼は立ち止まった。翌朝、義父とどう向き合っていいのか分からなかった美香は、暇つぶしに出かけることにした。突然、彼女は朝食が食べられたことに気づき、義父の表情が良くなり、以前ほど落ち込んでいるようには見えませんでした。嫁も自分と同じように寂しがっていると知っていた彼は、すぐに美香の性的欲求を満たしたいと考えた。最初は拒んでいたものの、不思議と体は一致し、義父の一歩ごとに幸福感を感じ、美香は次第に罪悪感を忘れていった。二人はお互いの運命のようです。そしてもちろん、義父は彼女の奥深くに射精し続けました。しばらくして美香が妊娠すると、その知らせを聞いた夫は大喜びで彼女を最大限に甘やかし、お祝いのパーティーを開いた。でも、ミカは知っている、お腹の中の子は彼の子ではない…!!!